循環器予約診療

先天性および後天性心疾患や不整脈の診断と治療。


 

レントゲン検査、超音波検査、心電図検査、血圧測定などを行い、心臓病の診断・内科的治療を中心に行っております。

 


循環器科では、待ち時間を少しでも短くするため、事前に予約をお取りいただくことで、お待たせする時間をできるだけ短くしています。

 


ご予約はお電話でもお受けいたしております。

 

診療内容

近年ペット社会も高齢化が進んでいます。人間と同じようにがんや心臓病といった深刻な病気が増えており、その中で心臓病はがんに次いで犬の死因第2位と言われています。

 

 

最近咳が出る、散歩に行きたがらない、すぐに疲れてしまう、呼吸・脈が早くなる、突然倒れる、お腹に液体が溜まって膨れて見えるなどの症状がありましたら心臓の病気の可能性があります。

 

 

心臓病は短期間で深刻化することも少なくないため、このようなサインを見逃さずに早期発見・早期治療を行うことが大切です。的確な診断・治療を行うために、まずペットの身体検査を行い、必要であればレントゲン検査、超音波検査、心電図検査、血圧測定などを行い、心臓の状態を把握していきます。

 

 

十分なインフォームド・コンセントのもとに、納得して医療を受けられるよう常に心掛けています。ご心配なことがありましたらいつでもご相談ください。

 

心臓病のサイン

いつもと様子が違ったら要注意。「歳のせい」だとは思わずに、病気のサインを見逃さないようにしましょう。


 

 ・疲れやすく散歩を嫌がるようになった

 

 ・呼吸が苦しそう

 

 ・吐くような咳をする

 

 ・興奮すると座り込んでしまったり、ふらついたり倒れることがある

 


こんな症状はありませんか?

 

これらの変化は、心臓病の症状です。進行すると肺水腫などの合併症のリスクが高まり、命に危険を及ぼす場合があります。

 

心臓病の診断

心臓の調子をみる検査にはつぎのようなものがあります。


 

身体検査

心臓の音や、視診、触診などにより全身の様子を調べます。

 

レントゲン検査

心臓の形や大きさ、肺や気管・血管様子を調べます。

 

超音波検査

心臓の大きさ、形、心臓の壁の厚さ、動き方や、血液の流れを調べます。これにより心臓の機能を調べることができ、心臓病のタイプ、重症度、治療効果の確認をします。

 

心電図検査

心臓のリズムが乱れる不整脈の診断や、心臓の大きさ、心臓病のために心筋に起きている障害などを調べます。

 

血圧検査

心臓や他の病気による血管への負担を調べます。

 


これらの検査によって心臓の状態を把握し、他の病気から心臓へ及ぼす影響や、心臓から他の臓器へ及ぼす影響を確認します。上記の検査の他に、血液や尿検査などを行い総合的に診断いたします。

 

心臓病の治療

心臓病の治療としては、多くがお薬による治療になります。

 


心臓自体をお薬で治すことはできません。しかしお薬を内服することで心臓の負担を軽くし、症状を和らげて病気の進行をゆっくりにすることができ、より長く、より快適に過ごすことができます。

 

受付時間(予約制)

受付時間:午後13:00~16:00

担当:循環器専任獣医師 森山寛大

受付時間

13:00 ~ 16:00

(予約制)

 受付時間 : 13:00~16:00

 休診日  : 月曜日・火曜日

 

詳しくは診療担当表をご確認ください。